ハロアルブログ

ハロアルブログへようこそ! このブログでは私の歯科医師としての立場から歯の大切さと、私が行っているフィリピンへの医療活動を通して、日々社会について感じたことを綴っていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしさ

長野市に住んでいる女性からフィリピン医療ボランティアに使うタオルとお手紙をもらいました。

私は講演会やエッセイを書くときに”今の日本はおかしい”ということをよく書きます。

この女性も全く同じ考えだそうです。ことに教育に問題があるのではないかと指摘しています。

   教育といっても学校教育だけでなく家庭教育も社会から受ける教育も大事です。

   人生観、人との接し方、食の理念を踏まえてその人の”道”を形成します。

   もし、やさしさがといていない教科書を読めば優しさを知りません。

   日本は物質的に豊かでも見方によっては物質に支配されているともいえます。

   物に振り回され、人間としての動物的な営みに欠けてはいないでしょうか。

   コンビ二は24時間開いていて、休む間もありません。

   情報も多く、それに流されている感じがします。

   こういう社会ではおもいやりや、優しさが育つわけはないので す。

   私は日本が好き、日本人の感性がすき、美しい日本に誇りを持っています。

   戦争を放棄した素晴らしい国なのに、勝つか負けるか、損か得かなどと、自分にしがみついている人  ばかりです。

   私は自分を大切にすることが思いやりの根っこだと思います。自分を大切にしている人は自然と他人を大切にします。

   先生が言うように「日本に生まれたのは変えられないですね」。

   どんな国に生まれたとしても感動する、嬉しい、楽しい、感謝するという心の動きは同じです。

   何億年かかっても、世界中で幸せを共感できる日が着たらいいなと思います。こう結んでありました。

私はとっても嬉しく思いました。ですからこの文章をそのままここに転記させてもらいました。

フィリピン医療ボランティアはこういうやさしい人たちに支えられていることを心から嬉しく思います。そしてこれからも頑張っていこうという元気が出てきます。

皆さんも気付いたことがありましたらどんどん意見を聞かせてください。


スポンサーサイト

不思議な力

ボランティア活動をしている人にこんな話を聞きました。

「ボランティアをしていると不思議な力がありますね。自分で思っていないようないいことやとてもそんなこと出来ないのではないかと思っていたことが出来てしまい、不思議を感じることがある」というのです。

私も同じような経験をして不思議を感じました。

どんなボランティアに参加した時でも経験がないのにいい結果が出る不思議、ボランティアを通して自分自身を素直に見返ることの出来る不思議、普段なら自分が話しても耳を傾けてもらえることが少ないのにそのボランティアのことを話すときはみんながよく聞いてくれる不思議・・・・などです。

おそらくボランティアというのは誰にでもそういう不思議な力を発揮してくれるのではないでしょうか。

ですから、沢山の人たちにボランティアを経験して欲しいと思います。

ボランティアは難しいことは全くありません。

「困った人の手助けをすること」ですから出来ることを、自分の出来るだけ、協力をすればよいのです。

ここからが実はとっても重要なことです。

この経験を周りの人に話してください。

そうすることでこの活動が広がりを見せるはずです。

また、その時、決して自慢げに話さないで欲しいと思います。そんなことでせっかく協力しようと思う人の気持ちをくじいて欲しくないからです。

また、人に話すことによって、そのときは自分では良かれと思ってやったことでも人に話してみると、もっと違うことをしたほうがよいことに気付くことがあります。

それを次の機会に活用すればよいと思います。

よしんばあまりやってはいけないことをしてしまったとしても、それはそれでその時はベストだと信じてやったのですから仕方ありません。

そんなときでも不思議なことにたいした問題にならないですむはずです。

それがボランティアのよいところです。

もうひとつボランティアは優しさや素直さを取り戻してくれる不思議な魅力を持っています。

そういう面を重視して学校教育で、社会貢献と人間らしさや優しさを育成するためにボランティアを授業の一環に取り入れているのではないのでしょうか・・・・。
 

世直し

 今の日本はちょっとおかしいですね。

 ニュースを見ると“尊い命”がいとも簡単に失われる話が多すぎます。しかも普段一緒に住んでいる人の間で起こるのですから信じられません。

 どうしてこんなに簡単に命が扱われてしまうのでしょうか。

 日本が豊かになりすぎ、生きることの大切さや社会の中で生きていくことの楽しさを見失っているからではないかと思います。

 先ごろ東京の太陽歯科衛生士専門学校に講義に行ってきました。

 “食べること”は“生きること”ということを中心に、私が医療ボランティアをしているフィリピンのことを紹介しました。

 フィリピンでは経済的に恵まれない人たちの多くは食べることが精一杯で、住居、衣服、日用品などにお金はかけられません。

 病気になったとき病院にいくという発想は恵まれない人の多い国ではありません。病気になっても治るのを待つか、死を待つだけです。

 それならば病気にかからないようにしたらどうかということになります。

 その通りです。

 予防に勝る治療はありません。けれどもこういう国ではそれが出来ないのです。食べることさえ出来なのですから、予防だけでなく、食べ物のバランスだとか、体によくないからということを考える余地がありません。

 どんなものでも“今”を生きるために食べるだけです。

 ところが自分が生きることに精一杯のはずのこの国では尊い人の命を絶つようなことは極めてまれです。

 自分が生きることさえ精一杯なのに、どこかで食べ物を手に入れたとしても自分だけで食べてしまうようなことはしません。家族全員でそれを分けて食べるのです。

 ですから醜い争いは起こりません。

 この話を聞いた生徒さんは改めて日本の豊かさと、この国に生まれてよかったこと、そしてフィリピンの恵まれない人たちに一本でも多くのハブラシをと言ってくれました。

 “やさしい心”や、“思いやり”はいま、日本で起こっている悲しい事件の反対側にあるものです。

 皆さんもこのフィリピンを真似てみませんか・・・・。

ハロアル・フィリピン医療ボランティア

 5月19日(土)第6回フィリピン医療ボランティアの報告会を佐久市内の佐久勤労者福祉センターで開催しました。
 
 好天気にも恵まれ、会場に来てくれたのは419名でした。
 
 昨年320名だったことからすると参加してくれた人は飛躍的に多くなり、開催者の一人としてとてもうれしく思いました。
 
 この活動はフィリピンの恵まれない人達に歯科医療と物資の提供をしているものです。
 
 日本では余りある生活用品がありますが、フィリピンの恵まれない人達の中には、着のみ着のまま、その日の食にありつけない人も少なくありません。

 中には病気になっても治療してもらうお金が無いため、痛みや苦痛のあまり尊い生命を失ってしまう人もいるほどです。その人達を対象に歯科治療と予防のためのブラッシング指導をしています。

 今回の活動は2006年12月にフィリピン ルソン島の中部にある小さな村、ナギャントック村で歯科治療とクリスマスプレゼントをしたときのものです。
 
 ここに住んでいる子供達は生活苦のために生まれてから一度もクリスマスプレゼントをもらったことがない人達ばかりです。
 
 当院の患者さんに呼びかけ、使わなくなった“ぬいぐるみ”を提供してもらい、この“ぬいぐるみ”を届けました。

 歯科治療は保存できる歯は治療し、大きなむし歯で痛い歯だけ抜く治療をしました。

 歯を悪くしないためにハミガキ指導をしましたが、ここで使用したハブラシも患者さん達から提供してもらったもので今回はなんと13万本も集まりました。

 しかし、フィリピンの恵まれない人達は1000万人以上はいますので、これではまだまだ焼け石に水です。

これからも沢山の皆さんの協力が必要です。どうかよろしくお願いします。

 こういう活動の報告会でした。

 参加者は異口同音にかわいそうだ、私も協力したいと言ってくれました。これからがとても楽しみです。

ハローアルソン出演

昨日(5月4日)レインボータウンfmの”ハローアルソン”という番組に出演させてもらいました。

1時間の生番組でしたのでとても楽しかったですよ。

番組は毎週金曜日、夜9時から1時間です。

インターネットで聞けますので皆さんも是非聞いて下さい。

wwww.792fm.comを開きますとレインボータウンFM大江戸放送局が出ますからそこをクリックするとアフロヘアーの歌手が出てきます。そこのいるぐちというところをクリックすると番組に到着します。

この番組は群馬県の吉井歯科診療所の祐介院長が持っている番組です。

その祐介先生が4年前に”フィリピン医療ボランティア”に参加した時、10歳になったばかりのアルソン君の前歯4本w抜いた時のショックからもう二度と子供たちの歯を抜きたくないという思いでこの番組をスタートさせたそうです。

ところがフィリピンでは生活することが精一杯で歯を磨く歯ブラシを買えない人がとても多いのです。

歯を悪くさせないために歯ブラシがどうしても必要です。そこで皆さんに呼びかけて歯ブラシを集めようという活動をはじめました。

その合言葉が”ハロアル”です。

活動は”ハローアルソン”ですがそのときの掛け声や、あいさつは”ハロアル”といいいます。

そんなわけで、この番組を通してフィリピンの恵まれない人達に歯ブラシを集めていますので皆さんも協力して下さい。

今回の出演した内容は後日掲載します。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。