ハロアルブログ

ハロアルブログへようこそ! このブログでは私の歯科医師としての立場から歯の大切さと、私が行っているフィリピンへの医療活動を通して、日々社会について感じたことを綴っていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまさん 1

やまさんは今年101歳いになります。どう見ても百歳を超えているようには見えないほど、元気です。

そのやまさんの治療をすることになりました。

上の歯は具合よく使っていましたが下は全く使っていません。

噛めないわけでもなく、やわらかいものなら何とか食べられたのでそれでいいと思っていたようです。

家族もやまさんが元気なので特に歯医者に行かなければならないとは考えなかったのでしょう。

ある日、当院に通っている人がやまさんに「歯医者に行かなくても往診してくれるから御代田町の林歯科に頼んだら」と、話してくれたことから私に連絡があり、往診が始まりました。

はじめてやまさんに会ったとき、あの有名なきんさんかと思うほどきんさんによく似ていて驚きました。笑顔のとてもかわいらしい素敵なおばあちゃんです。

診察をすると上の歯は使っていましたがゆるくなっていました。使い慣れていたのであまり気にかからなかったのだと思います。

そこで上の歯の裏打ちをしました。それから下の歯の形をとり、上下の咬みあわせを取りました。

その間、話が出来る時はいろいろ話しましたが全く年を感じられない聡明で、しかも反応がものすごくいいのです。

その日はそれで治療を終わり、次回までに下の歯を作ることを伝えて帰りました。

こういう高齢者の治療は誰のものより優先的にすることにしています。

だって、一番、星の国に近い人なのですから、いつ旅立ちの日が来るのかわからないからです。

次にあったとき、下の入れ歯を入れました。今まで入れていなかったのですから不快なことがあってもおかしく無いのに、”案ずるより生むがやし”とはこのことかと思うほどでした。

不思議ですがこういうときは自分が思っているよりはるかにいい結果になることが多いのです。きっと神様の後押しがあるのだと思います。

人のために尽くすことがどれだけ大きな力になるかということではないでしょうか。

今回は長くなりますので山さんのその後は次回を楽しみにして下さい。
スポンサーサイト

噛みぐせ

 普段、何気なく噛んでいますが、いったんむし歯や歯周病になり、痛みが出るとそうはいきません。

 今日来院した患者さんが「左の歯の治療を受けてから、そちらが噛めなくなったので、右側だけで噛んでいたら今まで痛くなかった右側の歯が痛くなって、両方噛めなくなってしまった」と言ってきました。

 それは“噛みぐせ”のためです。

 右利きの人は右側、左利きの人は左側になることが多いようです。噛みぐせのある人はそちら側で噛んだほうがよく噛めます。味覚のことは考えないかもしれませんが、実はものすごく違うのです。

 歯が痛かったり動揺していてよく噛むことができないと、噛みぐせでないほうで噛むことになります。その際、噛んだ気がしなくなります。美味しいものでも美味しく感じられなくなったり、食べた気がしない人もいるようです。

 どちらかに噛みぐせがある人でも実際に食べる時は無意識の内に反対側でも噛んでいるようですが、はっきり感じているわけではありません。

 今日診療した患者さんは、いつも同じ側だけで噛んでいたために“負担過重”になって痛くなってしまったものです。そこで両側で噛めるように仮歯を作ってバランスをとり、かみ合わせの調整をすると、楽になったと言っていました。

 私達は普段気付きませんが、何事も無く自然体でできることがどんなに楽で幸福なのかということではないでしょうか。

思うこと

意地悪爺さん、あるいは意地悪ばあさんと言う言葉があります。なんとなく愛嬌があって悪くはありませんが、こういう人が私の目標ではありません。

私が今思っていることは誰からも好かれる人になることです。

そのために、誰からも気軽に話しかけられる自分でありたいと思います。

そして、誰からも意見を言ってもらえる自分でありたいと思います。

それだけではありません。誰にでも手伝ってもらえる自分でありたいと思います。

こういう人になるためには誰の言うことにも気持ちよく答えられる人でなくてはなりません。

そして素直に人のいうことを実践できる人でなくてはなりません。

どうでしょうか、こういう人が身の周りに居たら素晴らしいと思いませんか。

そういう人に私はなりたいと思っています。

ちがいます。

絶対そういう人になって見せます。

サプリメント(健康補助剤)

最近サプリメントのことをよく聞きます。

実際に服用している人も多いと思いますがどうでしょうか。

ところで皆さんは普段食べている食事にそんなに自信がもてませんか?

不安になったリ、心配ごとが続くと、糖尿病になる人もいます。これがストレス性の糖尿病です。

そんなこと無いと思うかもしれませんが、私の後輩で30代の歯医者が社会保険の個別指導を受けることになったとき、糖尿病になってしまいました。確かにかなりのストレスを受けますがビックりですよね。

ですから無駄な心配などしないほうがいいですよ。

地元で採れる新鮮な野菜や穀物ををたくさん食べることです。そしていつもにこやかに笑顔で生活することが大切なのではないでしょうか。

それが一番農薬が少なくていいのです。遠くから運べば運ぶほど運搬中に問題が起こらないように薬の力を借りる事になります。

その農薬漬けの食品を食べながら、サプリメントの力を借りたところで何になるのでしょうか?どこか違っていると思いますよ。

自分の歯でしっかり噛んで唾液を十分出して、その効果を期待するほうが健康的でずっといいと思うのです。

サプリメントの力を借りるのは自分では摂れないような栄養素がある場合の補充か、より健康的になるためなのではないですか?

ですからサプリメントを使う場合はかなり限られたものか、短い期間になるはずです。それが長期になったり、たくさんの種類になることはないはずです。

昔から続いている健康法は極自然なものです。そして誰でも簡単にできるものではないでしょうか。

私は本来自分が持っている潜在能力を使わないで簡便なサプリメントに頼る健康法は病的だと思います。

自分の歯でしっかりかむために健康な歯と噛み合わせが必要です。サプリメントにお金をかけるなら、一生使い続けられる自分の歯にお金をかけてみたらどうでしょうか。

異常気象

昨日は初夏を思わせるような陽気だったのに今日はコートが欲しくなるような一日でした。

最近の天気は全く気まぐれで困ります。

困るだけならいいのですが地球が崩壊するような異常気象になったらどうなるのでしょうか。

私のように年をとった人間にはどうでもいいのですが、若い人たちにとっては大変だと思います。これから先、どうなるのか不安ですよね。

夢や希望があるから生きていけるのです。これが無くなったら生きていけません。

常識を逸した天気が続くと、ついよからぬことを考えてしまいますね。

こうしてみると当たり前のことがいかにありがたいことなのかということです。

あまり欲張らず、普通にできることをひたすら感謝に変えていきましょう。






ハロアル さくらの花見

今日はとても良い天気でした。

日曜にはよく長野のお寺に修行に行かせてもらっているのですが千曲川のほとりのさくらの木の下ではお花見を楽しんでいる人たちがたくさんいました。

そこでは春のどけさが溢れているようでした。不思議なことにこれだけでものすごく幸せを感じられました。

私達はよほどいいことがないと喜べませんが、それではいけないのではないでしょうか。

何ごとも無く普通にしていられることがどんなに素晴らしいことなのかということです。

私もフィリピン医療ボランティアをはじめるまでは今のように考えられませんでした。

このボランティアを通してふれあったフィリピンの子供達は歯が痛くても歯医者にいけない子供たちがたくさんいます。

歯医者が無いからかと思うかもしれませんが違います。町には歯医者はたくさんあります。

彼らには歯医者に行くお金が無いのです。

では痛いときはどうするのかというと、痛みがなくなるまで頭を抱えてじっと我慢をするのだそうです。

それでも痛みがなくならないときにお金を借りられるか、用立てられる人だけが歯医者に行くことができます。

日本なら治せる歯であっても抜くだけです。

それが一番安いからです。しかしお金が無ければ痛みのために死ぬかもしれません。そういう宿命を受け入れるしかありません。

こういう生活しかできないのです。

でも生きていることはこのうえない幸せです。

それでもこの子供達はいつもニコニコしてとても明るく振舞っています。生きていることを喜んでいるからでしょう。

これが今の日本人には見られない一番大きな違いです。

フィリピン医療ボランティアの一番いいところは医療は私たちがさせてもらいますが、生きる力や生きていることを素直に喜ぶことは彼らから教えてもれるということだと思います。

この喜びを私たちだけで占有したのでは申し訳ないと思います。

皆さんも私たちと一緒にこの活動をしてみませんか?

今日はさくらの花を見てその美しさと、生きていることをしみじみとありがたいと感じたことを書かせてもらいました。

歯科診療を通して

今日は群馬県の吉井町の診療所で治療をしてきました。

毎週土曜日、高速道路を使って一時間かけて行くのですが、私はこの診療所に行くのをとても楽しみにしています。

ともかく熱心な市川さんという患者さんが私たちを待っていてくれるからです。

そもそもこの市川さの治療をするようになったのは市川さんの同級生の治療をさせてもらったご縁からでした。

身体の健康に気を配るタイプなのに歯のほうは大分ダメージを受けていたのは、市川さんにインパクトを与えてくれるような歯医者がいなかったのだと思います。

ダメージを受けた歯の治療は一年以上かかりましたが初診の頃とは別人かと思うほどの変化を見せていました。

市川さんの熱心さとまじめさを通して人との付き合いの大切さを教えてもらったように思います。

市川さんの素晴らしさはいつも笑顔でとても愛情溢れていることです。

以来今日までお付き合いさせてもらっていますが、最初の印象どおりいつも明るく元気で本当に素晴らしいと思います。

もう一つこの市川さんのすごさは自分の周りにいる人達を次々と紹介してくれることです。

一人や二人の仲間や家族を紹介してくれる人はいくらでもいます。

市川さんのすごさは診療所一軒分の患者さんに充当するほどの患者さんです。まさに吉井歯科診療所の生きた広告塔です。ありがとうございます。

それだけの人に頼られる人柄と信用はすごいと思いませんか?

今日も一人紹介してくれましたがおそらくこの人の治療も熱心に進めても一年は優にかかると思います。

この市川さんの信頼にこたえるためには生半可な気持ちではできまん。
心して頑張っていこうと決意を新たにしているところです。

こういう素晴らしい人にめぐり合え、お付き合いしていただける自分になっていたことを感謝したいと思います。

ハロアル・フィリピン医療ボランティア

早速書き込みありがとうございます。

私は歯医者ですがその前に社会人として皆様に喜んでもらえる自分でありたいと思っています。

日々感謝をして明るく元気でにこやかにいこうと思っているのですがなかなかうまいこといきません。

それではイケナイのですがそうなってしまう自分に叱咤激励しながら頑張っているわけです。

こんな私ですがいつも頑張れるのは私達が行っているフィリピン医療ボランティアでめぐり合った経済的に恵まれないフィリピンの子供達の存在があるからだと思います。

中にはその日食べるご飯がない人もいるのですがいつも笑顔で目をキラキラ輝かせて元気です。

この子供達を見ていると私達は今頑張らなくていつ頑張るのだと問いかけられている気がします。

そんな勇気や元気やそしてやさしさをいっぱいもらっていけるフィリピン医療ボランティアについても報告して行きたいと思います。

どうかよろしくお願いします。

自己紹介

簡単に自己紹介をしたいと思います。
私は長野県の御代田町というところで、歯医者をしています。1979年から28年間、歯を残す歯科医療に励んできました。そのために3つの大切なことに気付きました。
 
第一に予防に徹すること。自分の歯に勝るものはありません。
第二に歯ごたえのあるものをしっかり食べること。栄養をたっぷりとって、自己免疫力を高めましょう。第三に定期的な検診を長期にわたってすること。コツコツ飽きずに自分の身体の健康を守る努力を続けることです。

こんなに時代が進化してもこれらに勝る治療は出ていません。
これらのことに関しては追々このブログの中でお知らせしていきたいと思っています。
ホームページは下記よりジャンプできますので是非覗いてみてください。
http://www.hayashi-dentalclinic.com/

今日からブログを立ち上げました!ブログは初心者ですが、毎日更新出来るよう頑張るぞ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。