ハロアルブログ

ハロアルブログへようこそ! このブログでは私の歯科医師としての立場から歯の大切さと、私が行っているフィリピンへの医療活動を通して、日々社会について感じたことを綴っていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化時代

今日のテレビで高市早苗少子化大臣が若者のマナーについて話していました。

「電車で子供を抱いた婦人が来ても席を譲らない若者がいる。これからの社会はこういうことでは困る。」と、いう内容でした。

本当にそうです。弱い立場の人がいたらみんなで協力しましょう。そういう社会がいいのです。そういう社会が実現すれば、強い人にとってはさらに都合がいいに決まっています。

ところが現実の社会はそうではありません。しかもいまの社会があまりいい社会でないとみんなが思っています。

こういうときだからこそ、上に立つ人たちがいいことを率先してやることが大切なのではないでしょうか。

時たま、高市大臣の見た、あるいは知ったその事例の青年は席を譲らなかったかもしれません。

しかしその青年が一日の仕事を終え、満員電車に乗ってようやく座ることが出来たとしたらどうでしょうか。

その若者に席を譲れと言うのは酷です。

その理論は私たちのレベルでいいと思います。大臣はもう少し上のところで発言して欲しいと思ってしまいました。

今、国民は政治家や公務員に大きな不信感を抱いています。

年金、天下り、汚職、官製談合、どれもこれも大きな不祥事です。

国民だって責めてばかりはいられません。さまざまな問題や事件を起こしています。

どちらもどちらというのでは問題はよくなりません。

お互いに姿勢を正し、誰から見られても恥ずかしくない生き方をすることが世直しの第一歩になるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

子育てって

子供を持って改めて人の優しさに感謝しています。というか、支援の必要性を。。。私はとても弱いだめママです。親が、姉が、職場が、同僚が、ママ友が、友達が、主人が、、、、、助けてくれないと子育てができません。甘えているといわれても仕方ありません。一度社会で羽を伸ばしたことのある私は、子供は足かせでした。愛情を注ぐ反面で、苦しい日々もありました。助けてくれたのは、親であり、姉であり、職場であり、同僚であり、ママ友であり、友達であり、主人であり、、、、ちょっとした支え、声、気持ちが救ってくれたのです。私は、幸せです。
必要なのは、お金じゃなくて支援です。社会で支える気持ちではないかと思うのは私だけでしょうか。
今、二人の男の子の子育てに楽しくはまっています。
政府はもっと地道な支援、声を聞いた支援をしてほしいと思います。

  • 2007/06/04(月) 11:31:30 |
  • URL |
  • mama友 #-
  • [ 編集 ]

私は以前千葉県に住んでいたのですが…長野への帰省は子供二人連れて東京駅まで総武線快速を利用していました。
下の子はまだ抱っこの時期で立っているの辛いと思っていたら、目の前の大学生位でかっこいい男子が席を譲ってくれ凄く感謝したのを
覚えています。
そんな優しい人はまだまだいることを信じたいし、自分もそうしていきたい




  • 2007/06/06(水) 22:01:37 |
  • URL |
  • nishinoiriemi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hainochi.blog99.fc2.com/tb.php/20-93ba5161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少子化 少子化(しょうしか)とは、出生率が低下して子供の数が減少すること。概要長期的に人口が安定的に維持される合計特殊出生率(1人の女性が一生の間に産む子供の数)を人口置換水準(Replacement-level fertility)という。国際連合は標準的な人口置換水準を2.1と推

  • 2007/09/30(日) 08:31:04 |
  • 子供の遊び・文学いろいろ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。